Simple Site

出会いチャット リンク2
HOME> リンク1>

女性との出会いリンク1

遊べるサイト

遊び(あそび)とは、知能を有する動物(ヒトを含む)が、生活的・生存上の実利の有無を問わず、心を満足させることを主たる目的として行うものである。基本的には、生命活動を維持するのに直接必要な食事・睡眠等や、自ら望んで行われない労働は含まない。遊びは、それを行う者に、充足感やストレスの解消、安らぎや高揚などといった様々な利益をもたらす。ただし、他者にとってその行動が何を意味するかは問わないのであり、たとえ他者への悪意に基づく行動であっても当人が遊びと認識するのであれば、当人に限ってそれは遊びである。

出会いサイト

イーリスは、ギリシア神話に登場する虹の女神である。英語読みではアイリス (Iris) となる。日本語では、長母音を省略してイリスとも表記される。ヘーシオドスの神統記によれば、タウマースとオーケアノスの娘エーレクトラーの娘で[1]、ハルピュイアの姉。ヘルメースがゼウスの腹心の部下であるように、イーリスはヘーラーの忠実な部下とされ、しばしば神々の伝令を務める。美術において背中に翼を持った姿で描かれる場合が多い。イーリスはギリシア語で虹を意味する。英語では虹彩もirisという。また、イーリスの聖花はアヤメ(アイリス)だが、この名もイーリスに由来する。

人妻出会い

エリーニュスは、ギリシア神話に登場する復讐の女神たちである。複数形でエリーニュエス、またはフューリズ(Furies)とも称する。日本語では長母音を省略してエリニュス、エリニュエスとも呼ぶ。古くは数が不定で、多数からなる女神であったと考えられるが、後代の神話では、アレークトー(止まない者)、ティーシポネー(殺戮の復讐者)、メガイラ(嫉妬する者)の三女神に整理された。親殺しや偽誓の罪に対する復讐の女神たちとして知られる。神話上の系譜ではティーターンに属し、オリュンポスの神々とは異なる祭祀を受けた。
神話によればクロノスがウーラノスを襲って去勢したとき、ウーラノスの傷口から血が大地母神の上にしたたり落ち、そこからエリーニュスとメリアスたちが生まれたという。メリアスは、トネリコのニュムペーである(複数形はメリアデス)
エリーニュスは冥府にあるエレボスに住み、頭髪は蛇、頭は犬、身体は炭のように黒く、コウモリの翼を持ち、血走った目をした老女の姿をしている。手には青銅の鋲のついた鞭を持ち、これで打たれた者はもがき苦しんだ末に死ぬ。エリーニュスたちは恐るべき女神であり、本当の名前を出すことははばかられるため、エウメニデス(慈しみの女神たち)と呼ばれる。
エリーニュスが三相一体の女神であることは、コレー・デーメーテール・ペルセポネー、あるいはアルテミス・セレーネー・ヘカテーなどと同様、一柱の女神が三様の姿をとることに相応している。初期には、母親に対する侮辱や暴行に対する復讐を司っていたと考えられ、訴えに応じて町から町へ、国から国へと罪を犯した者を追跡し、情け容赦なく罰する神と考えられた。時代が下ると、若者の老人に対する無礼、主人の客人に対する非礼、権力者の嘆願者に対する横柄な態度などについても、追及するようになった。
ギリシア神話のよく知られるエピソードでは、母イオカステーの死の原因となったオイディプースをいじめ殺し、テーバイ攻めの七将の伝説で母エリピューレーを殺したアルクマイオーンや、トロイア戦争後にクリュタイムネーストラーを殺したオレステース(オレステースが殺したのは情夫のアイギストスだけで、クリュタイムネーストラーは裁判にかけたともいわれる)を追跡して狂気に追いやった。
エリーニュスの信仰は特にアテーナイに広がっているが、アテーナイにあるアレイオス・パゴスの近くに彼女たちの神殿があった。

出会いの場

アレークトー(またはアレクトー、アーレークトー)は、ギリシア神話に登場するエリーニュスの1柱である。止まない者の意。長母音を省略してアレクトとも表記される。ヘーシオドスによると、クロノスがウーラノスを去勢したときウーラノスから流れ出た血によって受胎したガイアの娘であった。彼女の姉妹はティーシポネー(en)とメガイラ(en)である。アレークトーは、道徳的な罪悪(例えば怒り)、特にそれらが他の人々に対するものであるならば、それを非難する役割を持つエリーニュスである。後者の役割に、神に対する罪悪を非難することであるかの違いはあるものの、彼女の役割はネメシスのそれと非常に似ている。アレークトーはウェルギリウスのアエネーイスに、そしてまたダンテの地獄篇に、3柱のエリーニュスの1柱として登場する。

チャット出会い

ティーシポネーは、ギリシア神話に登場する女神。長母音を省略してティシポネとも表記される。復讐の3女神・エリーニュスの1柱である。殺戮の復讐者や殺人を復讐する女の意。ガイアの娘で、彼女の姉妹はアレークトーとメガイラである。三相一体の太母神・三相女神の1つ面相であった。

カジノゲーム

メガイラは、ギリシア神話に登場する女神。復讐の3女神・エリーニュスの1柱である。嫉妬する者の意。主に悪事を働く者を罰するために現れた。ガイアの娘で、彼女の姉妹はアレークトーとティーシポネーである。三相一体の太母神・三相女神の1つの面相であった。

オンラインゲーム

エロースは、ギリシア神話に登場する恋心と性愛を司る神である。ギリシア語でパスシオン則ち受苦として起こる愛を意味する普通名詞が神格化されたものである。日本語では長母音を省略してエロスとも呼ぶ。ローマ神話では、エロースには、ラテン語でやはり受苦の愛に近い意味を持つアモール(Amor)またはクピードー(Cupido)を対応させる。クピードーは後に幼児化して、英語読みでキューピッドと呼ばれる小天使のようなものに変化したが、元は、髭の生えた男性の姿でイメージされていた。古代ギリシアのエロースも同様で、古代には力強い有翼の男性あるいは若々しい青年であり、やがて、少年の姿でイメージされるようになった。エロースの象徴は弓矢及び松明である。

女性との出会いその他

女性出会い次へ ページトップへ