Simple Site

リンク2 女性との出会い
HOME> ブログ>

女性との出会いリンクブログ

ブログ

Web日記(ウェブにっき)は、主に個人がWWW上で不特定多数に公開する日記。HTMLやCGIなどによって動作する日記ツールなどを用いて書かれる。

アフィリエイター

コレーは、ギリシア神話において、ゼウスとデーメーテールとの間に生まれた娘ペルセポネーの別称である。ちなみにデーメーテールが母を意味するのに対し、コレーは若い娘を意味する。 その神話については、デーメーテール及びペルセポネーを参照。日本では長母音省略表記のコレでも知られる。コレーはハーデースにさらわれ、その妃になってからペルセポネーと呼ばれるようになったとする説もある。美術史においてはアルカイク期のギリシアにおける若い女性の彫像がコレー像(文字通り乙女像)と呼ばれる。若い男性像はクーロスとよばれ、コレー像・クーロス像は若い男女の彫像の典型であった。コレー像は、アルカイク・スマイルを浮かべ、アテナ神への捧げ物を持った着衣・直立不動の姿で表現される。

WEBサービス

ホーラとは、ギリシア神話に登場する時間の女神で、季節と秩序を司る。なお、ホーラは単数形で、複数形ではホーライという。いずれも時間の意味。また、季節女神とも意訳される。ウスとテミスの娘で、3人姉妹とされる。普段はホーラたちは季節の規則正しい移り変わりと人間社会の秩序の二様の女神とみなされており、季節の秩序を司ることから、植物や花の生長を守護する女神とされ、また人間社会の秩序や平和をも司る。天界と地上を結ぶ雲の門の番人でもある。それゆえ彼女達は、花を手にした優美な乙女の姿で表される。ヘーラーあるいはアプロディーテーの侍女。ヘーラーを養育したのは彼女たちであった。

ホームページ紹介

ムーサまたはムサは、ギリシア神話で文芸(ムーシケー、ムシケ)を司る女神たちである。複数形はムーサイ。英語・フランス語のミューズ (英語・フランス語単数形: Muse、フランス語複数形 Muses) やミューゼス (英語複数形: Muses) としても知られる。ムーサたちはパルナッソス山に住むとされている、またヘリコン山との関係が深い。ムーサたちを主宰するのは芸術の神・アポローンである。しばしば叙事詩の冒頭でムーサたちに対する呼びかけ(インヴォケイション)が行われる。なおホメーロス風讃歌にはムーサたちに捧げる詩がある。

サイトリンク紹介

モイラは、ギリシア神話における運命の三女神である。幾つかの伝承があるが、クロートー、ラケシス、アトロポスの3柱で、姉妹とされる。モイラは元々ギリシア語で割り当てという意味であった。人間にとっては、寿命が割り当てられたものとして、もっとも大きな関心があった為、寿命、死、そして生命などとも関連付けられた。また出産の女神であるエイレイテュイアとも関連付けられ、やがて運命の女神とされた。最初は単数で一柱の女神であったが、後に複数で考えられ、三女神で一組となり、複数形でモイライ(Moirai)と呼ばれる。人間個々人の運命は、モイラたちが割り当て、紡ぎ、断ち切る糸の長さやその変容で考えられた。まず運命の糸をみずからの糸巻き棒から紡ぐのがクロートー(Klotho,紡ぐ者の意)で、その長さを計るのがラケシス(Lakhesis,長さを計る者の意)で、こうして最後にこの割り当てられた糸を、三番目のアトロポス(Atropos、不可避のものの意)が切った。このようにして人間の寿命は決まるのである。また、彼女たちは意外にもギガントマキアーにおいては戦線に参加し、青銅の棍棒でアグリオスとトオーンという2人のギガースを殴り殺している。この他、テューポーンを騙して無常の果実を食べさせて彼の力を奪い、神々の勝利に貢献した。ある時、テッサリアの王・アドメートスは、アポローンの協力を得て想いを寄せるアルケースティスと結婚したものの、自身は重病にかかってしまう。この時、延命をアポローンに依頼されたモイライは、親族の誰かが彼の身代わりになるという条件の下に承諾した。しかし名乗り出る者がいなかった為、結局アルケースティスが申し出て身代わりに重病にかかって死にそうになる。そこへたまたまヘーラクレースが立ち寄り、アルケースティスを迎えに来た死神タナトスを締め上げた為、彼女は死を免れた。また、この他にもメレアグロスの話に登場してアルタイアーにメレアグロスの運命を予言している。

食べ物ギフト

クロートーもしくはクローソーは、ギリシア神話における運命の三女神ことモイライの一柱で、長姉とされる。

健康食品

ラケシス(Lachesis,)は、ギリシア神話に登場する運命の三女神、モイラの一柱。クロートーとアトロポスの三姉妹の次女に当たり、運命の糸の長さを測る役目を担って、全ての人間に一定量の寿命を決定する。彼女の名前は運命の図柄を描く者の意味である。ローマ神話のデキマ(ラテン語: Decima)と同一視される。

美容アイテム

アトロポスは、ギリシア神話に登場する運命の女神、モイラ三姉妹の末妹である。運命の糸を切るのを役割とする。彼女の名前は不可避のものの意味である。ローマ神話のモルタ(Morta)と同一視される。

女子アイテム

レアーは、ギリシア神話に登場する女神である。ティーターンの1柱で、大地の女神とされる。

レディースアイテム

女性(じょせい、英: woman)は、男性と対比されるヒト(人間)の性別のこと。一般には生物学のメスと同義だが、社会・個人の価値観や性向に基づいた多様な見方が存在する。

パソコン周辺機器

女性器(じょせいき)は、ヒトの女性の生殖器。性器という言葉は、生殖器のなかでも特に性交に直接関連する部分をさして言う場合が多い。

スロット機

膣(腟、ちつ、ドイツ語: Vagina (ファギナ)、英語: Vagina (ヴァジャイナ))は動物の雌性生殖器のうち、体内にあって体外開口部に連なる末端部。機能としては、雄の精子注入装置である陰茎を受け入れるための部分を指す。

カー用品

子宮(しきゅう、uterus)とは、哺乳類のメスの生殖器の一つ(単孔類を除く)。前立腺小室に相同する。妊娠時、体内で子供(胎児)を育てるときには胎児の入れ物になる器官である。膣の奥にある。

マイストア

陰核(いんかく)は、ヒトの女性器を含む哺乳類の雌の性器に備わる小さな突起で、発生学的には男性の陰茎に相当する。クリトリス (clitoris) は、ギリシア語のクレイトリス(kleitoris)に由来し、鍵またはネジのような封じるものを意味するクレイスを語源とする。陰梃(いんてい)とも言う。

女性との出会いその他

女性出会い最初 ページトップへ