Simple Site

リンク1 ブログ
HOME> リンク2>

女性との出会いリンク2

ライブチャット

チャット (chat) とは、インターネットを含むコンピュータネットワーク上のデータ通信回線を利用したリアルタイムコミュニケーションのこと。chatは英語での雑談のことであり、ネットワーク上のチャットも雑談同様に会話を楽しむための手段のこと。

ライブチャットアプリ

カリスは、ギリシア神話に登場する、美と優雅を司る女神たち。複数形はカリテス。カリスは通常はゼウスとオーケアノスの娘エウリュノメーの娘たちとされるが、母親はヘーラーとする説も多い。また、ヘーリオスとヘスペリスたちの一柱アイグレーの娘たち、あるいはディオニューソスとアプロディーテーの娘たちとする説もある。ローマ神話にも取り入れられ、グラティア(Gratia、複数形グラティアエ, Gratiae)と呼ばれた。英語読みグレイス(Grace、複数形グレイシーズ, Graces)でも知られる。カリスたちは美や愛嬌、優雅といった美しい若い娘の姿であるとされる。オリュムポス山の山頂に住み、神々の宴ではアポローンの竪琴やムーサたちの歌声と共に演舞した。神々や人々に肉体的な美しさを表して喜ばせるだけでなく、精神的な部分においても優美を与えたといわれるため、美術だけでなく技術を志す人々にも信仰された。本来は春の芽生えの活力を表した神であったと考えられている。愛と美の女神となってからはアプロディーテーの従者とされるようになり、またその娘とする説も生まれた。

ライブチャットサイト

セレーネーは、ギリシア神話の月の女神である。長母音を省略してセレネ、セレーネとも表記される。ローマ神話のルーナと同一視される。ヘーシオドスの神統記によると、ヒュペリーオーンとテイアーの娘でエーオースとヘーリオスの姉妹。なお、ゼウスとセレーネーとの間の娘にパンディーア、ヘルセー、ネメアがいる。また、兄であるヘーリオスとの子供に四季の女神ホーラたちがいるともいわれる。輝く黄金の冠を戴き、額に月をつけた絶世の美女で、銀の馬車に乗って夜空を馳せ行き、柔らかな月光の矢を放つ。月経と月との関連から動植物の性生活・繁殖に影響力を持つとされた。また、常に魔法と関係付けられた[1]。聖獣は馬、驢馬、白い牡牛。後にアルテミスやヘカテーと同一視された[2]。女神自身が3つの顔を持つという形で表現させることがあり、即ち、新しく生まれる三日月のアルテミス(処女・乙女)、満ちる豊穣の月のセレーネー(夫人・成熟した女性・母)、欠けていく暗い月のへカテー(老女)であるとされている。

ライブチャット紹介

テーテュースとは、ギリシア神話の女神である。長母音を省略してテテュスとも表記される。ウーラノスとガイアの娘で、ティーターン神族の1人。オーケアノス、コイオス、クレイオス、ヒュペリーオーン、イーアペトス、クロノス、テイアー、レアー、テミス、ムネーモシュネー、ポイベーと兄弟。またオーケアノスの妻で、3,000人の河神の息子と、オーケアニデスと総称される3,000人の海や泉、地下水の女神の母である。ホメーロスによれば彼女の住まいは大地の果てにあるとされる。またテーテュースとオーケアノスはヘーラーをクロノスから匿って育てたが、オーケアノスと喧嘩をして以来、両者は離れて暮らしているといわれる。ヒュギーヌスもテーテュースをヘーラーの乳母と呼んでいる。ヒュギーヌスによると星座になったカリストー(おおぐま座)が海に沈むのを禁じたのはテーテュースである。

ライブチャット

ディオーネは、ギリシア神話に登場する女神である。長母音を省略してディオネとも表記される。主に、ティーターン神族の1柱、アトラースの娘。このディオーネーは、ウーラノスとガイアの娘で、ティーターンの一柱である。一説によるとティーターンは14人おり、ディオーネーはポルキュースとともにティーターンに加えられている。しかしオーケアノスの娘とも、ネーレウスの娘ともいわれ、ゼウスとの間にアプロディーテーをもうけたとされる。神話によるとディオーネーはレアー、テミス、アムピトリーテーとともにレートーのアポローン出産に立ち会った。またトロイア戦争で娘のアプロディーテーがディオメーデースに傷つけられたとき、ディオーネーはアプロディーテーをなぐさめ、アレースがアローアダイに苦しめられた話や、ヘーラーやハーデースがヘーラクレースに傷つけられた話を語った。

ライブチャット一覧

テミスは、ギリシア神話の法・掟の女神である。ヘーシオドスによれば、ウーラノス(天)とガイア(大地)の娘で、ティーターンの一柱である。テミスとは古代ギリシア語で不変なる掟の意味であり、この名の擬人神である。テミスは正義の女神と見なされることが多いが、近代・現代的な意味での正義とは異なっている。むしろ、古代ギリシア語で正義に該当する神は、ディケー女神である。ギリシア神話においては、ティーターンとオリュンポス神の戦いの後、敗れたティーターンは主要な神の地位を失い、神話においても多くの神が言及されなくなり、また地位が低下している。オリュンポスの時代になって、なおその地位と威勢を変わりなく維持した神はテミスだけである。

ライブチャット無料

ニュクスとは、ギリシア神話に登場する原初の神で、夜の女神である。ニュクスとはギリシア語で夜の意味で、夜の神格化である。ヘーシオドスの神統記によればカオスの娘で、エレボス(幽冥)の妹であり、エレボスとの間にヘーメラー(昼)とアイテール(上天の清明な大気)、カローン(地獄の渡し守)をもうけた。

チャットガール紹介

ネメシスは、ギリシア神話に登場する女神である。人間が神に働く無礼(ヒュブリス)に対する、神の憤りと罰の擬人化である。ネメシスの語は元来は義憤の意であるが、よく復讐と間違えられる(訳しにくい語である)。擬人化による成立のため、成立は比較的遅く、その神話は少ない。主に有翼の女性として表される。ヘーシオドスの神統記ではニュクス(夜)の娘とされる。ゼウスはネメシスと交わろうとしたが、ネメシスはいろいろに姿を変えて逃げ、ネメシスがガチョウに変じたところゼウスは白鳥となってついに交わり、女神は卵を生んだ。この卵を羊飼いが見つけてスパルタの王妃レーダーに与え、これからヘレネーとディオスクーロイが生まれたとされる。ただしゼウスがこのとき白鳥となって交わったのはレーダーであるという伝承もある。ネメシスのもっとも知られた神殿はアッティカ北部のラムヌース(英語版)にあり、ペイディアースの刻んだ神像があった。ここでのネメシスはアルテミスに似た性格の女神とされ、ラムヌースの女神(Rhamnusia、Rhamnousia)とも呼ばれた。またボイオーティアではアドラストスが始めたとされるネメシス・アドラステイア(Adrasteia 遁れることの出来ない者)、すなわち必然のネメシスの崇拝があった。ニュンペーのエーコーの愛を拒んだナルキッソス(ナルシス)に罰を与えたのはネメシスであるとされる。

求人

雇用(こよう、雇傭、英: employment)は、当事者の一方(被用者、employee)が相手方(使用者、employer)に対して労働に従事することを約し、使用者がその労働に対して報酬を与えることを内容とする契約。

ライブチャット求人をしている人

ヘカテーは、ギリシア神話の女神である。ヘカテイアとも呼ばれる。日本では長音を省略してヘカテとも表記される。ヘカテーは、古代ギリシア語で太陽神アポローンの別名であるヘカトス(遠くにまで力の及ぶ者、または遠くへ矢を射る者。陽光の比喩)の女性形であるとも、古代ギリシア語で意思を意味するとも(ヘーシオドスの用法より)言われている。

ライブチャット求人

ヘスティアーは、ギリシア神話に登場する炉の女神である。アテーナー、アルテミスと同じく処女神である。その名前は炉、竈を意味する。ローマ神話のウェスタと同一視される。ヘスティアーおよびウェスタの象徴となる聖獣はロバである。古代ギリシアにおいて炉は、家の中心であり、従ってヘスティアーは、家庭生活の守護神として崇められた。また炉は、犠牲を捧げる場所でもあり祭壇・祭祀の神でもある。さらに国は、家庭の延長上にあるとされていたため国家統合の守護神とされ、各ポリスのヘスティアーの神殿の炉は、国家の重要な会議の場であった。加えて全ての孤児達の保護者であるとされる。新植民地建設の際には、この神殿からヘスティアーの聖火をもたらすのが習わしだった。プラトーンによれば彼女1人だけがのんびりしていたといわれ、呑気な印象の女神である。

金融

金融市場(きんゆうしじょう、financial market)とは、資金の貸借取引が行われる場、あるいは資金需給が調整される場(市場)ないし過程のことをいい、金利はそこに成立する価格のことをいう。

カードローン

ヘーベーは、ギリシア神話の青春の女神である。元々、ヘーベーとは若さ、青春(の美)の意味で、青春が神格化された女神である。

消費者金融紹介

ヘーメラーとは、ギリシア神話に登場する昼の女神である。ヘーメレーともいう。その名はギリシア語で昼間、昼の光の意味で、昼が神格化された神である。エレボスとニュクス(夜)の娘で、アイテール(清澄な大気)の姉妹である。 母のニュクス(夜)とは表裏一体をなす存在で、世界の西の果ての地下に館を共有している。ニュクスが世界を巡って夜をもたらしている間はヘーメラーがこの館に待機し、ヘーメラーが世界を巡って昼をもたらしている間は、ニュクスがここに待機している。そのため、2神が共に館にいるのは、昼と夜の境目の一瞬だけであるとされる。

WEBサービス

ホームページ (home page, homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページなどの画面(ページ)のこと。

起業

ヘーラーは、ギリシア神話に登場する最高位の女神である。長母音を省略してヘラ、ヘレとも表記される。その名は古典ギリシア語で貴婦人、女主人を意味し、結婚と母性、貞節を司る。ヘーラーの沿え名はガメイラ(結婚の)、ズュギア(縁結びの)で、アルカディアのステュムパーロスでは女性の一生涯を表すパイス(乙女)、テレイアー(成人の女性、妻)、ケーラー(寡婦)の三つの名で呼ばれた。ホメーロスによる長編叙事詩イーリアスでは白い腕の女神ヘーレー、牝牛の眼をした女神ヘーレー、黄金の御座のヘーレー」ど特有の形容語を持っている。ヘーラーはオリュンポス十二神の一柱であるとともに、神々の女王でもあった。天界の女王として絶大な権力を握り、権威を象徴する王冠と王笏を持っている。虹の女神イーリスと季節の女神ホーラたちは、ヘーラーの腹心の使者や侍女の役目を務めた。また、アルゴス、スピンクス、ヒュドラー、ピュートーン、ラードーンなどの怪物を使役する場面もある。世界の西の果てにある不死のリンゴの園・ヘスペリデスの園を支配していた。婚姻と女性を守護する女神であり、古代ギリシアでは一夫一婦制が重視されていた。嫉妬深い性格であり、ゼウスの浮気相手やその間の子供に苛烈な罰を科しては様々な悲劇を引き起こした。夫婦仲も良いとは言えず、ゼウスとよく口論になっている。毎年春になるとナウプリアのカナートスの聖なる泉で沐浴して苛立ちを全て洗い流し、処女性を取り戻し、アプロディーテーにも劣らず天界で最も美しくなる。この時期にはゼウスも他の女に目もくれずにヘーラーと愛し合うという。

不動産

ペルセポネーは、ギリシア神話に登場する女神で冥界の女王である。ゼウスとデーメーテールの娘(一説にゼウスとステュクスの娘)で、ハーデース(ローマ神話のプルートーに相当)の妻として傍らに座しているとされる。しばしばコレー(乙女の意)とも言及される(地上にいる間はコレーと呼ばれ、冥界に入るとペルセポネーと呼ばれることもある)ペルセフォネーとも。日本語では長母音を省略してペルセポネ、ペルセフォネとも呼ぶ。ローマ神話ではプロセルピナと呼ばれ、春をもたらす農耕の女神となっている。

女性との出会いその他

女性出会い次へ ページトップへ